よい胎教☆よい人生☆

おなかの赤ちゃんによい環境づくり☆胎教アドバイザー

妊娠13週目 胎教とは

胎教(たいきょう)とは何ですか?

という質問がよくあります。

 

おなかの赤ちゃんによいことが胎教です。

 

f:id:taikyojapan:20131215192538j:plain 

 

たとえば、一つとして、お腹の赤ちゃんがすくすく育ち、お腹の赤ちゃんが過ごす胎内の環境をよくなるように、お母さんは心穏やかに過ごし、健康に気を配るという気づかいをします。

 

胎教は受精した瞬間から赤ちゃんを一人前の人として尊重して、

コミュニケーションをとる、という意味があります。

親と子の“きずな”づくりを通して、母性・父性を醸成します。

 

でも、もっと広い意味があります。

 

胎教は、妊婦、妊夫だけのものではありません。

おじいちゃん、おばあちゃんの胎教、

若い男女の胎教、

人の生き方そのものが、子孫、次世代に直接影響があります。

 

胎教ランキング1位の記事

月別の胎教例 

 

 

 

 

2016年 新聞・ニュース
UP!京都新聞 一面
UP!yahoo!ニュース全国版 他

胎教協会認定

>>このような方が参加しています!

 

 

 

広告を非表示にする